逗子ヶ崎セクション(2016年製作)

定義大橋セクション」とともに製作されたセクションで、地形が逗子駅、線路配置が茅ヶ崎駅をモデルとしていることから名づけられました。台地の上にある駅舎から1段下がったところに3面6線+留置線2線という今までに類を見ない大規模な配線がされていることが一番の特徴です。駅舎のある台地の上は、バスターミナルをはじめとし、地方ターミナル駅の駅前を意識した建物が立っています。台地の下、線路に挟まれた部分の土地は、変電所の周りに畑や住宅が広がる、のどかな地帯となっています。



このセクションはかつて「上大岡セクション」でした。
もどる