定義大橋セクション(2016年製作)

逗子ヶ崎セクション」とともに製作されたセクションで、当会ゆかりの地「定義」の名を取り入れた、一際目を引く道路橋「定義大橋」がセクションのシンボルとなっています。配線としては、逗子ヶ崎セクションから続く駅の一部の線路と、そこからトンネルの奥まで続く支線、ヤードへの線路で構成されています。道路は定義大橋の接続部から分岐し、トンネルの上を通って西洋風のホテルへと通じています。


このセクションはかつて「山田家セクション」でした。
もどる